スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ最近劇場で観た映画


※ネタバレあり※

ここ最近は多忙で、ブログも中々更新できてないですが、今年何の映画を見たか忘れないためにも軽い感想付きでリストアップ。
順不同。

アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン
びっくりするくらいテンポがよくて前作がだるだる(実際はそうではなかったけど)にも感じるレベル。
全キャラ個性も出てたいたし、特にホークアイの覚悟とかっこよさにシビれた。

マッドマックス 怒りのデス・ロード
ほぼ全編アクション・爆発の連続だという前情報で、内容の薄いものなんじゃないかと不安だった。
でもそんなこと一切感じず、永遠続くアクションの中で全てのキャラの魅力、生き方が描かれていた傑作。
この夏唯一、2度足を運んだ作品。

ターミネーター:ジェニシス
殆ど過去作のあのシーンじゃん!という場面が沢山。過去作を観てた人なら嬉しくなっちゃうシーンの連続。
個人的に、あの終わり方は好み。(時間軸どうなってんの?ということを気にしないなら)
シュワシュワ対決は最高だった。
でも焼き直し感もかなり感じてしまった。

インサイド・ヘッド
能の中の感情や思い出といった目には見えないものを全てビジュアルで表現されていてすごく新鮮で面白かった。
夢のしくみがあんなだったとは…すごくわかりやすくビジュアルで見せてくれる。
カナシミちゃんの動きがとても可愛いし、泣きたいときは泣いたっていいんだよというメッセージが響いて感動。
ただし、本編前のドリカムの曲のオープニングにはただただ怒りとムカムカしか湧いてこなかったからそれでちょっとテンションが下がってしまった…

バケモノの子
細田監督の過去作もそうだったように、日常シーンの動きがとても心地いい。
渋谷の雑踏はリアルで人酔いしそうになった(笑)
特に食事のシーンがそれぞれの性格や心情を表していてすごくよかった。
ラストもしっかり泣ける演出でたまらなかった。
ただ、万人受けするために仕方ないのはわかるけど、いちいち説明的でブレーキがかかってしまうことが多々あった。

攻殻機動隊:新劇場版
これはたまたま地元の劇場がADMIXという巨大スクリーン・超立体音響だったから大迫力だった。
アクションシーンは見やすくスタイリッシュでかっこいいシーンの連続。
特に素子やバトー、トグサの悩み、葛藤が垣間見れてARISEシリーズのテンポを掴めたような気がする。
新劇場版、ARAISEはちょっとほっこりする日常のシーンが他より目立つ印象。機械に囲まれて冷たく感じる世界の中でのそういった日常シーンはよりほっこり度を高めてくれる。

アリのままでいたい
大スクリーンで昆虫を間近で観れるいい機会だと思って鑑賞。
その映像は確かに凄かった。でも、思っていた以上に子供向けだった…
効果音がいちいち陳腐だし、ナレーターも正直あれはシンドイ。
ちょろっと入るギャグアニメも全スベりで後ろで観ていた子供たちも飽きだす始末。編集がもっと違ってたらいいものになっていたのかもしれない…
劇場版蟲皇帝をまた観ようかな。

夢の事


自分のマンガの世界感に近い所へ行った夢を見た。

その風景はは凄く壮麗で切なく、ひとり感動して泣いた。泣き顔が恥ずかしくなってうずくまった。

まぁ、相変わらずディストピアな世界観だったけどいつもと違ったのは、自然が広がっていたこと。川がありそこを船で渡ったこと。

川の周りは青々とした植物の生い茂る丘や小さな山が広がっているが、所々に古びた鉄くずの山やかつての華やかさを感じる建物の跡が見えた。もしかしたら丘の下には繁栄していた都市の残骸がひろがっていたのかもしれない。

そんな風景を見ていると、オカリナの音色のBGMが。そりゃ泣くわな。



あ、オカリナの音色、これだ!このイメージだ。絶対仕上げる。

コミティア112委託のお知らせ【あ-41b】


5/5のコミティア112で、サークル【朝寝坊弐式】にて既刊を委託します。
朝寝坊弐式は友人の隆義(http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=50165049)のサークルです。
彼も新作のコピー冊子を配布するそうですので、共々宜しくお願いいたします。(隆義氏、何かサンプルをうpしてくれ…!)

既刊リスト
【怪獣惑星】 B5表紙フルカラー45ページマンガ 500円
【Indefinitery】 B5オールカラー20ページ画集 500円
【君の花園】 A5表紙フルカラー38ページマンガ 300円


また今回委託とはいい、何も無いのも寂しいので、当日上記のどれかを購入くださった方先着で、画像右側の書き下ろしポストカードをプレゼントします。
左の絵柄は、画集のみの先着特典です。なので基本的に画集購入者限定となりますが、もし欲しいという方、
或いは前に買ったけど持っていない!という方はお気軽にお申し付け下さい。

CEJla_JVEAA17be.jpg


因みに現在の在庫状況は、
【怪獣惑星】 約30部
【君の花園】 約40部
【Indefinitery】たくさん部

画集は始めから沢山刷って5年くらいかけて売っていく予定なのでまだまだ在庫はありますが、
マンガは既に自分の中で不満が多いので、在庫限りで再販予定はありません。
ですが今後、同じキャラクターで別の話として、また描くかもしれません。
それは先の話になってしまいますが、新刊のマンガ本の計画が少しずつ立っています。


それではコミティアに参加される方、是非お越し下さい。

ちばてつや賞ヤング部門と四季賞 結果報告


昨年制作した2作のマンガが、入選を果たしましたのでご報告します。

まず一つ目はちばてつや賞ヤング部門第72回 『期待賞』 受賞
『脇道世界のポートレート』。
004.png028.png

こちらは昨年の秋から冬にかけてトータル3ヶ月で制作したものでした。
自分は本当に自分の作品に自信が持てなくて、この作品も何度も何度も修正をしたのを覚えています。
それでも全く納得いっていなくて。完成したのに勿体無いと思い、駄目元で持ち込みを二社ほどしました。
どちらも面白いけどもう一歩という感じでしたが、一社は賞をおすすめして頂いたので、駄目元で応募しました。


もう一つはアフタヌーン四季賞2015春 『一次選考通過』。
『君の花園』。
000.png

こちらは昨年5月から約3ヵ月半で制作しました。
これは完成した直後に、丁度アフタヌーンにハマっていて、
某アフタヌーンマンガの影響下で制作したも同然だったので、
持ち込みをした後、修正、投稿しました。
今観ると「なんだこりゃ!!?」って感じですが、結構お気に入りです。



まさか自分でもこんな早くに商業誌の編集部の方に認めてもらえるとは思っていなかったので、
あまり実感は湧きませんが、正直な気持ちとしては「本当にこんなのでいいの?」という所です。

この二作は「賞を取る為に、商業に載るために描いてます!」という気持ちはほとんど無く、
「僕こんなん好きで描いてるんですが、どうすか?」みたいな感じでしか描ける技術が無いので、
商業的に評価されたのが不思議であり、プレッシャーでもあります。
今でも賞を取る為雑誌に載る為にという思考があまりできなくて、
どんなに捻っても、自分のことしか描けません。

でもそんな自分のために描いた作品で、誰かの胸が躍るのなら、
それはきっと最高の到達点なのだと思います。

002.png

こうして結果が残せたのも、お世話になった家族、先生方、編集社の方、クラスメートらのお陰だと思います。
今の制作も、なかなか上手く伝えられず難しいですが、着々と進んではいるのでしっかり走り抜けよう。


ウーパールーパーの事


家でウーパールーパーを飼っている。
繁殖し、現在は3世代目になる。
今は5匹ほどいるが、その中に一匹、ブラックの種類の者がいる。
毎朝、僕が歯を磨きながら水槽を覗くと、彼は僕を見つめて追いかけてくる。
認識して見ているのか、偶然が重なっているのかは定かではない。

さっきも、えさを食っている姿を眺めていたら、彼は「おう、なんだお前は?」という形相で僕を見つめる。
しかし、こちらを認識しているのか、本当は何を考えているのかは定かではない。

そんな彼は今日もアルビノ種の仲間に、足を噛みつかれていた。

玄関で飼っているので、写真は暗くてうまくとれないけど、いつかアップします。


ライドンウーパー
プロフィール

duke

Author:duke
dukeと申します。マンガ、イラストを描いています。
日々のイラストやイベントの告知などの記事がメインになると思います。
よろしくお願いします!
御用の方はduke.sf0069☆gmail.com(☆を@にして下さい)まで。
全ての画像の転載、加工はお控えください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
pixiv
twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。